歴史

 永昌院は寺伝によると、寛文元年(1661)。当時、安毛村(あたげむら)であったこの地に玄徴尼が来住した事に始まります。

その後、同、寛文十年(1670)に、現在の関市下有知の龍泰寺二十世、鰲山正(見)雪大和尚(ごうさんしょうせつ)が一寺を建立し、開山となり、太平山 永昌院となりました。

 

 現在の本堂は江戸時代末期の十六世定応和尚の時代に再建されました。

 

鰲山正雪大和尚

薩州伊佐(現:鹿児島県薩摩郡)出身。元和九年(1623)生まれ。

生まれながらに凡流と異なり。身を飾る事なく、相眼は銅鈴のごとく身長は常人を超えていたと伝わっています。

十六歳で同州野本(現:鹿児島県鹿児島市)の笑岳寺にて出家。

各地から請われていくつもの寺院の住職となり、また多くの寺院を建立、改宗をさせ、県内でも霊泉寺(美濃市上河和)・香積寺(関市日吉町)・円通寺(関市小屋名)など、十数ヶ寺のご開山となっています。

また黄門様で知られる水戸光圀公とも縁を結んだとも伝わっています。

永昌院の鐘楼

 永昌院の梵鐘は戦時中に供出され、以前のものは失ってしまいましたが、戦後、昭和24年(1949)に新たに製造されました。

 昭和24年と言えば、まだ戦後間もない食料も物資も足りない最中ですが、多くの檀信徒の皆さんの寄進により再興されました。

 当時は鐘楼の痛みも激しく、多くの檀信徒の皆さんが手弁当で修復をされたと伝わっています。

 再興された梵鐘から打ち出された音を聞いた方々は、戦争の終わりと平和な時代になったことを、お感じになられたのではないでしょうか。

 

 梵鐘は岐阜県の鍋屋(現:㈱ナベヤ)さんが製作されています。


link集

座禅会、坐禅会のお知らせ。美濃市の坐禅会。早朝から始まります。
毎月第一火曜日開催
美濃市のヨガ教室。永昌院のヨガ教室です。初心者でも分かり易く指導致します。yogaは心と体を整える古来からの方法です。
永昌院のヨガ教室です
曹洞宗総本山公式サイトです
曹洞宗総本山公式サイトです
美濃市寺院の紹介サイトです
美濃市寺院の紹介サイトです

曹洞宗 太平山 永昌院

〒501-3717

岐阜県美濃市安毛711

TEL 0575-33-1016


当サイトの画像転用を禁止します